PMS治療ナビ
PMS治療ナビ

生理時のPMSを治療するために必要な事を教えます

月経前症候群が起こる原因

月経前症候群とは、月経が起きる2週間もしくは1週間前くらいから身体的・精神的に起きる様々な症状の事を言います。
ただし、月経が始まるのに合わせて症状が治まるという特徴があります。

月経前症候群の主な症状は、身体的には下腹部痛や頭痛等で、精神的には憂鬱や集中力の低下等が挙げられます。
ただ、その症状の種類や程度の重さは人によって違います。
月経前には毎回重い症状に悩まされる人もいれば、症状が出るのはごく稀で悩む程ではないという人もいるのです。

このように個人差の大きい症状なのですが、この月経前症候群が起こる原因とは何なのでしょうか。
これに関しては様々な説があり、はっきりしていないのが現状です。
ただし、セロトニン等の精神伝達物質の異常分泌や、ホルモンの影響を受ける感受性の差等の説が有力とされています。
ちなみに、影響を与えるホルモンとして考えられているのは、エストロゲンやプロゲステロン等です。

月経前症候群の治療方法は、今現在は完全な治療方法が見付かっていないので、対症療法が行われています。
例えば低用量ピルを使ったホルモン療法や、鎮痛剤を使った対症療法等です。
ただし、人によって症状の重さ等に差がある事から、どの療法も全ての人に効果があるとは言い切れないです。